プロフィール

chai-ron

Author:chai-ron
インタフェースデザインに一番興味があります!
…が、とりあえずWebデザイナーになって修行中の身です。

日々勉強!!

いたって真面目。
真面目ですがなにか?

やる気だけは誰にも負けません!!!



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

タグ+カテゴリ クラウド


ブログ内検索

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインの理由~特にビジュアル

資生堂・サントリーの商品デザイン展

おもしろかった!

資生堂の化粧品とか、
サントリーのウイスキーとかビールとか・・・

一つ一つの商品について
どうしてこういうデザインなのか書いてあって、
すごくなるほど~と思った!

いかに自分が見た目のデザインについて勉強してこなかったのかってことを痛感した。

今までデザインしたもの、色とか形とか、素材とか・・・
テキトー過ぎたね。ごめんなざい。

もっといろいろいろいろ見て勉強しなきゃ!と思った。

とりあえず、今日思ったことをメモ。順不同。

(・・・なんかすごい当たり前の初歩的なことかも。
こんな自分が恥ずかしい。)

・他の商品との差別化
 そのために大胆にシンプルにする。
 (→でもこれってちゃんと洗練されてないと失敗する!?)

・高級感を出すために
 →シンメトリー左右対称(ウイスキーボトルにそんな感じのが多かった)
 →余白 スペースにゆとり(化粧品の容器、パッケージ)

・説明的なイラストを省いた無駄のない構成
 →気楽、健康的
 でもシンプルなりに細かい部分の文字までちゃんとデザインする

・デザインは時代を反映している
 喫茶店ブーム(喫茶店を思わせる色合いの缶コーヒーのデザイン)
 若者のパーティーブーム(キャラクターでバリエーション豊かに、シチュエーション提案)
「金曜日はワインを買う日」週休2日制が定着し始めた時代

・一人一人のライフスタイルに入り込むコンセプト
 →「働く男の相棒」-BOSS
   職種、職場などさまざまなシチュエーション、バリエーション
   
・手軽、親しみやすさ、やわらかいイメージにするために
 →水彩画、タイプライター風素朴な書体、
  擬人化(キャラクター性)
  イラスト(気軽にワインを楽しめるように→カフェのテント、ドアのイラスト)
  丸みを帯びたフォルム
  カラフル

・常識破りの大胆なデザインを安定させるには
 →オーソドックスな部分も残して取り入れる
  (奇抜な書体-パッケージの形は今までよくある感じ)
 
・時には常識になっているイメージを変える(新たなイメージを提案する)デザインも必要!?
 (敏感肌用化粧品-デリケートなイメージで白
  →前向きにケアを楽む元気なイメージのためにカラフル、ポップ!)

・シズル感より嗜好性を重視するのもアリ!?
 →Gokuri-フルーツのおいしさのイメージではなく、未来のメカニカルなイメージ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。