プロフィール

chai-ron

Author:chai-ron
インタフェースデザインに一番興味があります!
…が、とりあえずWebデザイナーになって修行中の身です。

日々勉強!!

いたって真面目。
真面目ですがなにか?

やる気だけは誰にも負けません!!!



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

タグ+カテゴリ クラウド


ブログ内検索

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな悩んでる・・・

最近、みんなブログにゼミのことを書いているらしい。

特に宮崎先生、永原先生希望の人たち。

明らかに人数オーバーだもんね。

そんなにみんなグラフィックがやりたい訳?

ってか結局は、みんなやっぱりグラフに行きたかったってことでしょ??

まだそんなこと言うんだね。

私も後期はインタラクションメディアってことで、宮崎先生にしようか迷ったけど・・・
いいや。

メンバー見てやめた。

私はちゃんとやる気のある人たちとやりたいかな・・・

情報デザインに問題意識を持ってる人とやりたいかな。

本当はAXIS好きなんだけどね・・アートディレクションにも興味あるし、
ウェブのインタフェースとか。

宮崎先生がやってることには、とっても興味がある!

・・・けど、やっぱり初心に戻ります!

もともとなんで情デに来たのか、なんで情デに行きたいと思ったのか。

それを考えると、須永先生の考えに共感できます!!

ということで演習もゼミも決定!

スポンサーサイト

コメント

そこに記入されてる人が
やる気ない訳ではないと思う

授業出て先生と話して自分で考えた結果そういうふうに決めたんだよ

ただ選択と思考と目標が違うだけな気がするのです

あっ、ちょっと書き方が悪かったかな。

あそこに名前を書いてる人はもちろん、やりたい!と思うから
書いたと思うんだけど、
もし第一希望に入れなくてあふれた人たちって
・・・どうなるのかな?って。
そういう人たちと一緒になった場合って
・・・うまくできるのかな?って。
グラフィック系やりたかった人に吉橋ゼミ行け!とか、楠ゼミ行け!とか、言っても無理じゃないかなーと。
行きたくないところ行ってもやる気おきなくないか!?
どうするんだ!?どうなるんだ??

と思った訳です。

あっ・・あと、私はやりたいことがいっぱいあって、
どこのゼミにも興味があって迷ってた人だからさ。

やっぱ、やりたいことが絞られてる人は、
それ以外のことじゃ、やる気になれないんじゃないかなーと。
この制度がうまくいくのかなーと不安を感じてしまったのです。

うん

そうだね

落ちたらどうなるんだろうという不安はありますよ

そして他のゼミの子で先に受かった子は

だるだるした子がきたらどうしようと思うと思う

うん

そこ問題

そこ重大

うーーん・・・

人数制限というのと
あと説明回数と作品に触れる回数と
決める期間が短いのかしら・・

せめて先輩のポートフォリオはどのスタジオもいつでも見れるようしてもらいたいなあ
アゴラとかで

卒業制作だけではなくてこう
方向性というか目指すものというか
そこらへんがもっと明確になったほうがいいよね


でも結構忙しいこの時期
時間を割いていただいて説明会などやってもらってるんだからそこはちゃんとリサーチしないとね

人数なー・・・・


きっと
瀧ちゃんの心配したとおりになると思います

三、四年生の人から聞いたら
やる気の無いゼミに行ってほんとにそんな感じの子しか集まってなくて
耐えられなかったそうな・・・・・

そんときもバラけなくて
そういったことが起きたらしい





うーん
でも
入ってしまったら仕方ないし
集団でやるときはちゃんとしないと
望んで入った子を潰すことになるからね
そこはちゃんとしないとね

大丈夫だよ。
情報デザインの根底は須永先生が理論的に説明してくれるさ☆
分析力を磨けるようにね!がんばって☆

のんちゃん、ありがとう!
ただ、結局後期のゼミの発表は・・・来年の7月。
かなり延期されてしまったね。
まぁ、私は須永ゼミしかやる気ないけどね!今のところは。

とくあやのところからきたよ◎
リンクありがとう、私もハラサセテ頂きます^^!

はなちゃん、サンクス!
早速、ヒット数が・・・増えているよー。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taleoftub.blog79.fc2.com/tb.php/8-54892753

情報デザインについて

情報デザイン情報デザイン(Information Design)は、人間とモノや環境との関係性にかたちを与える方法論、生活の中にあふれる無数の情報をわかりやすく提示する手法、あるいは、それらの考え方。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:W
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。