プロフィール

chai-ron

Author:chai-ron
インタフェースデザインに一番興味があります!
…が、とりあえずWebデザイナーになって修行中の身です。

日々勉強!!

いたって真面目。
真面目ですがなにか?

やる気だけは誰にも負けません!!!



最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


QRコード

QRコード

タグ+カテゴリ クラウド


ブログ内検索

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は初の面接。
しかも2つ。
受けてるところ少ないのになぜ重なるのだ!?

いずれも個人面接だから話しやすくてよかった!


1つ目はとても好感触!
今の段階では行きたい度は低い方だけど。

この間の筆記で言語系がなんと1位だったらしい・・・マジですか!?

でもおかげで勉強できるしっかり者だということは分かってもらえてよかった!

ポートフォリオも見てもらえた!

食いつきがよかったのがプロフィールのページで、

今までの人生でどんなこと考えてきたのかって部分をよく見てくれて、
分かってもらえてよかった!

あとはプロセスが見えてよかったと言われたのもうれしかった!

私がプロセス重視人間だということも分かってもらえたし。

やっぱりプロセスをしっかりまとめておいてよかった!


2つ目は・・・

卒制でやりたいことの話をしたら突っ込まれました。

公共のデザインが本当にデザイナーが作っているのか。
本当にメーカーがやってるのか。
そういうのは結局はお役所(?)とかの権限が強いからメーカーができることには限界があると。

確かにメーカーは自社独自のものをそれぞれが作るから、

メーカーごとに、
違うデザインができあがる。
違うインタフェースができあがる。

違うと言っても似てたりすると、
ユーザーからしてみれば、もう大混乱ですよね。
エラーが起きることは間違いない。

だからといって、メーカー同士が技術を共有するなんてことはできない。

だから統一はできない。

これはユーザーにとってはとてもよろしくない現状・・・

・・・

こう考えると、確かに公共のデザインを本当にユーザーに使いやすいように!
なんていうデザインはできないのか!?

だけど、それをそのまま放っておいていい問題でもないと思うのだが・・・


要は、メーカー行っても、いろんな障害・壁があって、
デザインできることには限界があるのだと。

公共のデザインやろうとしても、いろんな大人の事情で、
できないことが多いんじゃないかってこと。

・・・それはそうかもしれない。


その分、ネット系は、新しいサービスを作るにあたっての障害は少ないよ!って。

だからインターネット業界の方がいいんじゃない?って。

それにデザイナーもプロジェクトに一環して関われることを重視してる私にとっては、
いい環境なんじゃない?って。

新しいことに挑戦するならネット系の方がいいのかもしれない。

ネットなら、PCとネット環境さえあれば、「タダ」でサービスを利用できるのも強み。

あとは、製品はいつか捨てる日がくるけど、ネットならどんどん変えていくことができる。


製品はいつか捨てる日がくるっていうのは確かにそうだ!

プロダクトだったらいつか古くなって、故障して・・・買い替えなきゃならない。

それは確かにそうだけど、そこをどうにかできないのか?

外身を丈夫に作って壊れにくくしたり、
中身(ソフトウェア)だけ入れ替えて、とか。

サステイナブルデザインも興味あるけど、中身だけ入れ換えよう!っていうことはやっぱり難しいのかなぁ?

長持ちするデザインって・・・

これも課題がでかすぎるのかな?

卒制はもっと、身近なテーマじゃないと、やっぱり難しいのかなぁ・・・

メーカーでいいのかな?

でもメーカーじゃないとできないこともいっぱいあるし!

メーカーに入れるチャンスも少ないし!

もっと企業のことを知らないとダメだな。

考えなきゃいけないことは絶えないね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。